2017年01月01日

2016年のよかった事10

1:懸賞で東北エモーション(http://www.jreast.co.jp/tohokuemotion/m/index.html)とフルーティアふくしま(https://jr-sendai.com/sp/train/fruitea/)の乗車券当選
2:江戸東京博物館に2回行けた
3:水曜どうでしょうキャラバンで嬉野氏・藤村氏と写真撮影できた
4:真田丸にドハマリして毎週ドラマ本編とSNS上の感想が楽しかった
5:真田丸のオフ会に初参加
6:現金一括払いで車を購入できた
7:定期預金の金利が若干上がった
8:自宅階段から転げ落ちたが後遺症が残るような怪我がなかった
9:職場の階段が新しくなった
10:SNS上のキャンペーン(商品画像投稿系)に当選するようになった
posted by もっきり夫人 at 10:04| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

大河ドラマ感想文「真田丸」#真田丸総評

2016年は大河ドラマ「真田丸」にドはまりし、チャングム・平清盛・あまちゃんに続いてネット上に感想を垂れ流していました。
自宅のネット環境がなくなったため、ツイッターでの感想投稿で長文がなかなか書けず、最終回後にまとめて書きます。

☆良かった点:とにかくわかりやすい

@コーエーによる地図CG

個人的にありがたかったのはコーエーによる地図CGです。
というのが私の場合、都道府県レベル・新幹線経路レベルなら地理は把握できるのですが、真田丸の主な舞台である関東甲信越の詳細な位置・地域の距離間はまったくわからなかった。
そこに第2回の「軽井沢で一泊」のあたりに出てきた地図CGは山脈や街道も表現されているから、「新府から岩櫃までは山を越えるか迂回するかのルートしかない」とすぐにわかる。
他にも地図CGが活用されたシーンは多々ありました。

Aキャラ付け

「策がございます」「大ばくちの始まりじゃ」「卑怯者で何が悪い」の真田・コント集団から敵幹部への華麗な転身の徳川・秀吉が生きてようが死んでようがブラック組織の豊臣・変顔の北条・涙目とイケボの上杉・ずんだの伊達と、一発で視聴者に理解&記憶させるセリフと演出多数。
チョイ役でも旭姫を筆頭に、「黙れ小童!」「塙っっ団右衛門」「全力で押し通る」と主要キャラ以上にインパクトのあるセリフと演技が目立ちます。

B画面構成・演出

真田丸放送期間中に大河ドラマ「平清盛」を少し見返していました。
「平清盛」では色彩・画面構成・ライティングがめちゃくちゃ凝っていた(特に陰影のつけ方が凝っている)のに対し、「真田丸」では

*朝・昼・夕方・夜の時間帯、天候、室内・屋外の区別をはっきりつける
*当初はどこに誰がいて、その後誰が来て誰が去ったのかをはっきり描く
*カメラや視点の切り替えは必要最小限
*場所のテロップを出した上にナレーションでも語る・家紋を出すなどで場所がどこか明示する

と、大変親切丁寧な画面構成・演出でした。


続きを読む
posted by もっきり夫人 at 18:44| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

むちフェス03に行きました

2015年11月29日に「むちフェス03」に行ってきました。

こちらのイベントを知ったのは、ある日ツイッターのTLにイベント関連のツイートが流れてきて、公式HPに行くと

『巨乳、ぽっちゃり、ムチムチ、筋肉、アスリート、巨尻等。むちフェス〜肉感アート展〜はそれらの肉感を持つ作品の即売会イベントです。☆18禁イベント☆』

と説明文がありました。
「変わったイベントだな」と思い、こちらのイベントが紹介されている記事を検索してみると

実在女性の半裸画像

が多数出てきました……。(☆記事その1その2その3
18禁イベントとは言え、ここまでハッキリとエロスアピールが可能な即売会イベントだとは思わず、正直引きました。

しかし、イベント紹介記事に掲載された半裸女性達を見ていると、
『このイベントでは、太っていても体の線を強調するようなコスチュームを着てOKなんだ!』
という、訳のわからない希望が私の中に生まれたのです。
(以下自分語りのため興味のない方は飛ばしてください)

もともと私は高校生の頃にコスプレに目覚め、自作のコスプレ衣装を作って地元の同人誌即売会に参加し、大学生になってからは自作のコスプレ衣装をヤフオク出品するなど、コスプレが大好きです。
しかし、容姿に恵まれない上に努力もしないため二次元キャラのコスプレが似合いません。自分で見ても大変残念な状態でした。
また、私が見てきたオタク系のコスプレ世界は『元の作品とかけ離れた容姿・年齢の人がコスプレをすると周囲の反発を招く』度合いが高く、社会人になってからは自宅でひっそりとコスプレをして写真を撮っていました。
そして30歳を過ぎ、残念な容姿が加齢でさらに残念になり、写真を撮って己の姿を直視できなくなり、コスプレできる機会が「観光地に置いてある戦国武将の鎧」「観光地に置いてある海女さんの衣装」など、『明らかに非日常』な場面に限定されてきました。

要するに『デブでも堂々とコスプレできるイベントなんだ!』という希望が見えたのです。

ただ、イベント紹介記事に掲載された女性の画像はどう見てもグラビアアイドル以上の露出のため、「このイベントにコスプレ参加する場合、露出コスでなければいかんのか?」という不安がありました。
(自分語り終了)

そしてイベント当日、11時開場なので開場5分前に着いたら

開 場 周 辺 に 長 蛇 の 列

並んでいるのは目測で100人程度かつ99%男性。一般参加&単独参加の女は私だけ。
並んでいる間にスタッフによる入場料徴収&パンフレット配布が行われていました。
なお、「バストかヒップが100センチ以上の女性の方に限り入場料無料」という特典のため、スタッフの方に“入場時にサイズを測ってもらいたい”ことを伝えると、“会場入りしてから女性スタッフが計測します”とのことなのでそのまま建物の中に入りました。

が、建物内の移動は階段使用&会場はビルの4階と5階のため、息を切らして4階の受付へ。
受付で計測してほしい旨を伝えると、しばらく待ってから女性スタッフに計測していただき、無事入場しました。
そして女子更衣室でコスプレ衣装に着替え、会場内に入ったら

あ つ い。

私はむちフェス前日に「春画展」に行きましたが、春画展の方が会場は狭く入場者も多かったのに、熱気というか人の放射熱量がまったく違う。

  あっという間に会場は歩いているだけでも額から汗がにじむほどの活気に。

と書かれていたのを実感。
出展者スペースをめぐり、ほしい同人誌・面白かった同人誌を数冊買った時点で

コ ス プ レ 脱 ぎ た い。

とギブアップ。イベント紹介記事の女性達が半裸だったのは、会場の熱気対策だと実感。
結局、30分程度でコスプレ衣装を脱いで普通の服に着替えました。

着替え終了後、パンフレットに「デッサン会」の告知が載っていたのを思い出し、1部に間に合う時間だったので参加してみました。
モデルのいるデッサンは中学校の美術の授業以来でした。
デッサンは大変楽しいものの、1ポーズの制限時間10分内に描ききれませんでした。
さらに、汗をかいたせいなのか

寒 い。

なぜかデッサン会のところだけ空調がきいていて、「自律神経がおかしくなったのか?」と思うぐらい寒い。
空調の異変については、他の参加者の方やスタッフの方も同様に感じたらしく、スタッフの方が会場側に空調設定を依頼しに行っていました。


デッサン会1部終了後、デッサンに集中しすぎたのかとても疲れてしまい、コンテストやデブライブのライブを見ることなく会場を後にしました。
イベント参加してみて、当初はコスプレ目的だったのに、なんとなく参加したデッサン会が思いのほか楽しく、次回むちフェスに参加できるなら、デッサン会には必ず行きたいです。

あと、イベント主催側にお願いというか要望として

『入場料が高くなってもいいので、いすと机のある休憩所(別料金で時間制でもいいです)を用意していただけるとありがたいです。』
続きを読む
posted by もっきり夫人 at 13:42| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

2015年の良かったこと10

1:遠出する機会が多かった
2:7月に懸賞当選11件の最高記録を出した
3:人生初の宝くじで5000円当選
4:ボーナスが年2回支給された
5:接骨院で教えてもらったストレッチを続けたら関節が若干やわらかくなった
6:腰痛が出にくくなった
7:体にできた出来物が小さくなった
8:弟から新品のノートパソコンをもらった
9:新しい表現の場を見つけた
10:自宅のボイラーが新しくなりシャワーの出が良くなった
posted by もっきり夫人 at 20:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

2014年の良かったこと10

@思うように貯金ができた
A懸賞にそれなりに当選した

B30年ぶりに三陸鉄道に乗った

C飲み会等の会合によく出かけた

D予定外の高額出費がなかった

E本体代・機種変手数料無料でスマホに機種変できた

F大病や事故怪我がなかった

Gおいしいものをたくさん食べた

H15年ぶりに電話をした人がいた

I浮き沈みのない一年を過ごせた
posted by もっきり夫人 at 19:42| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

2013年の良かったこと10

1:転職に成功した

2:懸賞に多数当選した

3:サントリー白洲蒸留所と勝沼ぶどうの丘のワインカーブに行けた

4:あまちゃん関連のイベント・聖地巡礼ができた

5:事故ケガ病気がなかった

6:ボーナスが二回支給された

7:新しいテレビとブルーレイレコーダーを購入した

8:以前の職場の人や昔の知り合いに会えた

9:懸賞当選とは別にプレゼントやおみやげをもらう機会があった

10:転職に際してのトラブルが少なかった(直属の上司との関係のみ冷え込んだ)
posted by もっきり夫人 at 20:40| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

秋の勝沼・小淵沢女一人の節約旅 旅行前の計画編

今年の10月に勝沼・小淵沢へ旅行に行きました。
元々サントリー白州蒸留所に行きたかったのでいろいろ調べていたのと、昨年頂いたワインがとてもおいしくて、箱に「ぶどうの丘」と書かれてありぶどうの丘に行ってみたくなったからです。
さらにちょうどNHKスタジオパークで「あまちゃん じぇじぇじぇ展」が開催され、まとめて全部行ってやることにしました。

旅行前の手持ち各種金券が

*JTB旅行券15000円分
*びゅう商品券3000円分
*クオカード1万円分
*イオン商品券5000円分
*イオンギフトカード3000円分

で、

『東京までの往復旅費はJTB旅行券+現金
食事等はコンビニで買う→クオカード使用orミニストップがあればイオン商品券かイオンギフトカード』

のように、「今まで懸賞で当てた各種金券を使って節約旅行を」ともくろんだのですが……。


まず困ったのが小淵沢での宿泊。
各種旅行サイトで検索すると、小淵沢にはビジネスホテルのように交通便利な場所にある単身者向け宿泊施設がほとんどなく、

無料送迎付き高級リゾートホテル
駅から遠い(徒歩10分以上)のペンション

がほとんどでした。
しかも宿近隣までの公共交通機関が皆無のため、道を覚えるために最低1回は駅からタクシーを利用することを考えると、タクシー代を余分に確保しなくてはなりません。(※酒関連のところに行くためレンタカーという選択肢はない)
よって駅からは遠くとも各種旅行サイト内最安値のユースホステルを選択。

次に迷ったのが東京―勝沼・小淵沢間の交通手段。
鉄道と高速バス、どちらも一長一短ありますが、私の行きたいところは高速ICより駅からの方が近いため鉄道を選択しました。
ただ、ここで節約するために新宿からの特急ではなく、高尾まで京王使用・高尾からJRの普通列車というソフト鉄的選択。


つづく
posted by もっきり夫人 at 18:32| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

記事を書かないと

このブログが表示されなくなるので更新しています。
posted by もっきり夫人 at 15:58| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

聖地巡礼〜「あまちゃん」の舞台 岩手県久慈市に行きました〜

久しぶりにブログ書きます。

8月にNHK朝ドラの舞台、岩手県久慈市に行ってまいりました。
実はブログを始めたころにも、一度小袖海岸(作中では「袖ケ浜」)に行ったことがあります。
その時は素潜り実演の時期ではなく、誰もいなかった上に「海女センター」が大変小さくてがっかりした記憶があります。

しかしそれから約10年。ドラマロケ地となった小袖海岸には大量に人が。


☆小袖海岸
久慈市が土日祝にマイカー規制しているくらい、ここに至るまでの道が狭い
曲がりくねった断崖絶壁に車2台がすれ違えない狭さ。
途中に待避所的なスペースがいくつかあるものの、運転に自信のない人はバスかタクシー使用した方がいいです。
私の場合、お盆後の平日にマイカー(※軽自動車)で行き、待避所的スペースのないところで練馬ナンバーの対向車(※ミニバン)と行き会い、対向車がバックして待避所的スペースまで譲ってくれました……。

小袖海岸の鎖.jpg


海岸につくと、高台・作中で出てきた海女クラブ仮設事務所・海に潜るための階段・アキが海に飛び込む灯台が見えます。
高台.jpg


灯台.jpg


この灯台、作中では登場人物が上の段を走っているものの、実際は階段のところに「登るの禁止」の警告文とチェーンがありました。
なので私は登りませんでしたが、団体で来た人たちが上の段を歩いていました。この人たちは許可を得た人たちだったのでしょうか。

海女クラブ仮設事務所付近では素潜り見学受付の他に、おみやげ・まめぶ汁などの軽食・生ウニなどの海産物の販売もありました。
小袖海岸のウニ.jpg

8月下旬現在の価格は

殻つき生ウニ:大きいのが1000円・小さいのが800円(画像は1000円のもの)
まめぶ汁:300円か500円(はっきり覚えてない)
磯ラーメン:半玉が500円・1玉が800円
焼きエビ・ホタテ:200〜500円
ホヤ:200〜300円
ゆでたヒラツメガニ:5〜6ぱい入って1000円のところ「すぐ食べるから半分の量で」といって3ばいで500円にしてもらう
おにぎり・豆腐田楽:200円前後
飲み物:自販機120〜150円・氷で冷やしたの100〜120円

でした。ウニはさておきかなり良心的な価格です。

それでも私のおススメはやはり生ウニ。その場で割ってくれたものなので中に海藻の残骸等入ってますがうまい。
1個1000円だと正直高いですが、親指ぐらいの大きさのウニが4つぐらい入っていた上に活きが良かった。
当初は箸で食べてましたが、最終的には指ですくって食べたので、これから行かれる方はウェットティッシュ持参されるべき。

それから磯ラーメン、塩ラーメンにウニ(これも大きい)・ホタテ・海藻・ムール貝が入っていて出汁が出ていて良かった。
なお、まめぶ汁は無理に食べなくていいです。けんちん汁+クルミ団子なので。

お座敷列車.jpg

お座敷列車のヘッドマークもあるよ!
コスプレ用の絣半纏も大人用・子供用と用意されていました。(おそらく無料)
続きもあるよ!
posted by もっきり夫人 at 15:33| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

久しぶりに

自宅PCが不調になって数ヶ月。
ブラウザの立ち上がりに五分以上かかる上に頻繁に「メモリ不足」「プログラムが反応しません」とエラーメッセージが出るため、家でこちらのブログがいじれませんでした。
ツイッターばかりやってます。
パソコンを買い替える予定もないです。
posted by もっきり夫人 at 11:37| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。