2011年03月26日

買い込み失敗

今日は久しぶりに車に乗って買い物に行った。
もともと商品が少ないのもあるが、被災地企業の商品は私の行った店にはなかった。
おそらく地震発生後から出荷不能で店の在庫もなくなったのだと思うが……。
かもめの玉子は駅の売店にならありそうな感じがする。
posted by もっきり夫人 at 20:02| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東日本大震災

11日に地震・津波がおこってから2週間経過しました。
私の生息地は東北太平洋沿岸部の中でも被害が少ないほう(と言っても港湾施設破損・住宅浸水多数)で、私個人の被害は2日間の停電と1週間のネット不通と炊飯器が壊れただけでした。
現在は石油不足による地震後の混乱の影響を受けてはいるものの、電気・ガス・水道が使えますし食料不足もありません。

今回の地震で実感したのは、

電気ありがとう! 電力会社とその関連企業、従業員ありがとう!
水道ありがとう! 水道局とその関連企業、従業員ありがとう! 
ガスありがとう! 天然ガス輸入会社とその関連企業、従業員ありがとう!
石油ありがとう! 石油輸入会社と製油工場とその関連企業、従業員ありがとう!
NTTとウィルコムとその関連企業の人ありがとう!
新聞配達の人ありがとう! 新聞社と印刷工場ありがとう!
テレビ局の人ありがとう!
地震直後で自分の生活もごたごたしてるのに仕事に行った小売店の人ありがとう!
寒い中交通整理してたガソリンスタンドの人ありがとう! 
店の営業を決断した小売店・ガソリンスタンドの店長・経営者ありがとう!
小売店に食べ物運んだ輸送会社ありがとう! 
食べ物作った工場の人農家の人漁業の人ありがとう!
石油運んだ輸送会社ありがとう!

です。

家の照明がついて暖房が使えて、テレビが見られて新聞が読めて、ネットができて電話が通じる。
チラシチェックして車に乗ってスーパーに行って安売り商品を買い、コンビニに行って新商品を買い、どこのガソリンスタンドが安いか検討して給油する。
いつもはこんな生活をしていたのに、地震が起きて2日ぐらいはこんな生活すらできなくなりました。

テレビも新聞もチラシもない寒い家、服を着こんでスーパーまで歩いて行き、行列に30分〜1時間並んで買い物。
安いとか高いとか新商品とか関係なく、必要なもの・手に入るものを買う。
それでも私は家が流されたわけでもなく、家族に被害もなく、かなり恵まれていました。
(ただ、みずほ銀行の処理遅れで給料が1日遅れたのにはダメージを受けましたが。)

今後は「復興」という課題があります。
現在私はボランティア活動をしていないし、募金も300円しかしていないので被害を受けた地域の特産品をがっつり買い込みます。
遠隔地から企業の経済活動応援です。
以下が買い込み予定リストです。

雪っこ
陸前高田市の酒造会社のお酒。
私の心の濁り酒ランキング1位。このお酒を知るまでは新潟の「五郎八」が私の心の濁り酒ランキング1位でしたが、「雪っこ」により追い落とされました。

かもめの玉子
大船渡市のお菓子会社のお菓子。有名。
類似品も多々あるが「大船渡市」の「さいとう製菓」の「かもめの玉子」を買うべし。

笹かまぼこ
有名。しかし東北の港が壊滅状態の今、原料調達がどうなるか心配です。

ままどおる・エキソンパイ
郡山市のお菓子会社のお菓子。
福島県浜通りに1度も行ったことがないので、福島と言うとこのお菓子しか知らないのです……。

ぶすのこぶ
岩手県久慈市のお菓子会社のお菓子。あまり報道されてませんが久慈市も被害を受けています。
ネーミング大賞のお菓子です。
posted by もっきり夫人 at 09:27| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

ありがとう電気

各地方の電力会社関係CMです

東北電力その1  歌:河島英五
東北電力その2  このバージョンは見たことがない

関西電力その1  歌:アンジェラ・アキ
関西電力その2  歌:手嶌 葵  

関西電気保安協会まとめその1  
関西電気保安協会まとめその2  

posted by もっきり夫人 at 12:03| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 一切は燃えている | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

境界標の思い出

image/2011-03-19T09:36:07-1.jpg去年岩手県宮古市に行った時に旧田老町で撮った境界標です。


なお、この写真を撮った後、勾配15%の蛇行した坂を軽自動車で下っていたら後続の大型トラックに抜かれました。
追い越し禁止の標識は立ってました。
posted by もっきり夫人 at 16:24| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

地震により家のインターネット不通

電話で更新してます
posted by もっきり夫人 at 21:22| バンコク ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

無事です

11日に地震が来てから、金土と停電で日曜早朝に復旧しました。
被害は高さ80センチの台から炊飯器が落ちて壊れたのみでした。
posted by もっきり夫人 at 06:27| バンコク ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

マンガ読書感想文「鋼の錬金術師」

ネットカフェで全27巻読んできました。




世界観・設定・キャラの使い方すべてに満足できて、続きが気になる内容で最後まで楽しく読めました。
アニメ化2回・映画化1回・ゲーム化多数とメディアミックスされるのも納得のマンガです。
ただ、コスプレしたいとか二次創作したいとかそういう気持ちにはまったくなりませんでした。
理由は「作中に感情移入できるキャラが一人もいないから」です。
(精神的にも肉体的にも「強い」人間ばかり出てくるので)
あと、私の好物であるキャラの「苦悩・葛藤」描写が、直球で描かないことで読者に理解・解釈させる方式(?)のように見えるので、その点物足りなかったです。

#作中に「戦争で敵国人(民間人・軍人不問)を殺す軍人」「敵国人で人体実験(?)をした医者」が出てくるのですが、この人達のトラウマ解決策(?)として「戦争後の決意」が語られ、戦場での描写は必要最小限&印象的な台詞に留まっているんですね。
戦争の話を描いたら話が進まない&話が必要以上に暗くなる(※作中に民間人虐殺描写が出てくる)と思いますが、戦争の悲惨さと軍人・医者の決意と「お父様」への怒りを読者に印象づけるためにももっと戦争の話が長くてもよかったんじゃないか。

ラストはさわやか&ハッピーエンドで終わるので、「面白いマンガが読みたいなぁ」という方にオススメします。
posted by もっきり夫人 at 20:57| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(二次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

ドラマ視聴感想文「TAROの塔」第1回 「太陽の子」

先週の土曜スタジオパークで岡本太郎役の松尾スズキ氏が出ているのを見てドラマ本編も見ようと思いました。
スタジオパークで松尾氏が岡本かの子役の寺島しのぶ氏がすごいと話していたので、どうすごいのかと思ったら第1回では寺島氏の印象が強すぎて岡本家の男性陣(一平・太郎・「獣医ドリトル」の花菱)がみんな食われていました。



特に一平、印象が薄くなってる……。
posted by もっきり夫人 at 10:13| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする