2008年10月24日

平成20年度宅地建物取引主任者試験自己採点民法編3

ローゼンメイデンの水銀燈のコスプレがしたいです。
このことを簿記の先生に話したら「痩せないと」と言われました。
なお、先生は漫画やアニメに興味のない人です。
ローゼンメイデンとは麻生太郎総理大臣も好きな漫画で、内容は「リアル呪い人形のバトルロイヤル」です。
【問 7】 注意義務に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
1 ある物を借り受けた者は、無償で借り受けた場合も、賃料を支払う約束で借り受けた場合も、善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない。
2 委託の受任者は、報酬を受けて受任する場合も、無報酬で受任する場合も、善良な管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負う。

3 商人でない受寄者は、報酬を受けて寄託を受ける場合も、無報酬で寄託を受ける場合も、自己の財産と同一の注意をもって寄託物を保管する義務を負う。
4 相続人は、相続放棄前はもちろん、相続放棄をした場合も、放棄によって相続人となった者が管理を始めるまでは、固有財産におけると同一の注意を持って相続財産を管理しなければならない。
まーた知らない用語が出てきました。
1は普通のことを難しく書いてるだけ、2はテキストに出てきたので消えました。
残る3・4ですが、3はよくわからない、4はよくよく考えると相続する前に財産が変になったら困るから、ということで3にしました。
調べてみると受奇者云々の法律相談がありました。→置きっぱなしの叔母の荷物
【問 8】 弁済に関する次の1から4までの記述のうち、判決文及び民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
(判決文)
 借地上の建物の賃借人はその敷地の地代の弁済について法律上の利害関係を有すると解するのが相当である。思うに、建物賃借人と土地賃貸人の間には直接の契約関係はないが、土地賃借権が消滅するときは、建物賃借人は土地賃借人に対して、賃借建物から退去して土地を明け渡すべき義務を負う法律関係にあり、建物賃借人は、敷地の地代を弁済し、敷地の賃借権が消滅することを防止することに法律上の利益を有するものと解されるからである。

1 借地人が地代の支払を怠っている場合、借地上の建物の賃借人は、借地人の意思に反しても、地代を弁済することができる。
2 借地人が地代の支払を怠っている場合、借地上の建物の賃借人が土地賃貸人に対して地代を支払おうとしても、土地賃貸人がこれを受け取らないときは、当該賃借人は地代を供託することができる。
3 借地人が地代の支払を怠っている場合、借地上の建物の賃借人は、土地賃貸人の意思に反しても、地代について金銭以外のもので代物弁済することができる。
4 借地人が地代の支払を怠っている場合、借地上の建物の賃借人が土地賃貸人に対して地代を弁済すれば、土地賃貸人は借地人の地代の不払を理由として借地契約を解除することはできない。
朝日新聞のニュースでも取り上げられた新形式問題文です。
判決文の言いたい事は「三角関係のもつれ」ということなのでしょうが、3の「借地上の建物の賃借人は、土地賃貸人の意思に反しても、地代について金銭以外のもので代物弁済することができる。」がひっかかりました。
これって、極端な話を出すと「土地の持ち主が嫌だって言ってるのに商品券(※金銭以外のもの)で地代を払うのはOK」ってことになるから、おかしいと思って3にしました。

【問 9】 宅地建物取引業者であるAが、自ら所有している甲土地を宅地建物取引業者でないBに売却した場合のAの責任に関する次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定並びに判例によれば、誤っているのはどれか。
1 売買契約で、Aが一切の瑕疵担保責任を負わない旨を合意したとしても、Aは甲土地の引渡しの日から2年間は、瑕疵担保責任を負わなければならない。
2 甲土地に設定されている抵当権が実行されてBが所有権を失った場合、Bが甲土地に抵当権が設定されていることを知っていたとしても、BはAB間の売買契約を解除することができる。
3 Bが瑕疵担保責任を追及する場合には、瑕疵の存在を知った時から1年以内にAの瑕疵担保責任を追及する意思を裁判外で明確に告げていればよく、1年以内に訴訟を起こして瑕疵担保責任を追及するまでの必要はない。
4 売買契約で、Aは甲土地の引渡しの日から2年だけ瑕疵担保責任を負う旨を合意したとしても、Aが知っていたのにBに告げなかった瑕疵については、瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求権が時効で消滅するまで、Bは当該損賠賠償を請求できる。
明らかに4、らくらく宅建塾のサンプルDVDで先生が歌っていた替え歌で2が消えました。
1・3で迷って、1の場合、無効の特約は民法の規定どおりになる、というのを思い出して1にしました。
今考えれば、3は「裁判までやらなくてもいい」ってことだったのか。

なお、簿記の先生からは「次は年金アドバイザーがおすすめ」と言われました。
年金アドバイザー3級は5択で6割以上とればいいらしい。受験料も5000円程度。
それと、とうとう教員免許が更新制になりました。あーあいったいいくらかかるんだろう。
posted by もっきり夫人 at 00:02| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック