2010年04月11日

ドラマ視聴感想文「大仏開眼 後編」

前編は途中から見たため、話を正確に把握してないけど、前後編合わせて3時間では足りないドラマでした。これを再来年の大河にしたらどうでしょうかNHKさん。
それから、藤原仲麻呂の乱で使われていた鎧甲冑がどうみても戦国時代のものでした。
豪族がガラスコップ使ってたり唐三彩の置物があったりするのにここだけおかしい><

あと、孝謙天皇が出てくるのに道鏡が出ないから愛欲描写がなくて残念でした。
TBSの「唐招提寺」でもギシアンシーンがなくて無念だったというに!
posted by もっきり夫人 at 23:30| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146271688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック