2011年05月07日

「JIN−仁−」第3話

咲が1期のアーパーキャラから苦悩・葛藤キャラになったのが私としては大変喜ばしい限りです。

が、ネット上の感想を見ると
「大沢たかお氏の肉体ハァハァ」
「牢名主への人工呼吸など『アッー!』向けすぐる」

と本筋から離れた感想が多発していました。

※なお、2話での大沢たかお氏の肉体お披露目シーンで私は「仁先生は2年も江戸時代にいるから下着がふんどしか……でも六尺とか越中とかじゃないみたいだし、手術の時のT字帯とも違うみたいだし、相撲部のまわしみたい。ポロリ対策?」と思いました。
posted by もっきり夫人 at 10:12| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック