2011年05月07日

2011年鹿児島旅行記 観光編

GWを利用して鹿児島に旅行しました。人生初の鹿児島です。
余裕があれば九州まで新幹線で行ってみたいと思いましたが、あいにく地震の影響で東北新幹線が不安だったので飛行機を使用しました。

*桜島
道路によく砂が落ちているので海から砂が飛ばされたのだと思っていたら火山灰とのこと。
火山灰には3種類あるそうです。(ケンミンショーで紹介された灰入り「克灰袋」が民家付近に数個捨ててあった。)
観光バスのガイドさんによれば、北岳(火口が一つある山)は人間で言うと8歳・南岳(火口が3つある山)は1歳4ヶ月だそうです。
フェリー乗り場付近に景観に配慮したコンビニが2件(ファミマ・ローソン)あり。

浴衣着用で入浴する露天風呂にも入りました。(このホテルの日帰り入浴)
海から見える景色を楽しみにしていたのですが、行った日が曇り&黄砂の影響で視界が悪く、美しい景色が楽しめず残念でした。
あと、浴衣着用入浴が思ったより体力を使うので要注意です。(※浴衣のサイズは多数ありました。4Lまであるのを目撃)
余談
■露天風呂入浴前に体をシャワーで流すようにと貼紙がしてありますが、女性用の場合、シャワーが更衣室に2つ・露天風呂付近に2つの計4つしかありません。(シャワーの湯が温かったように感じた)
更衣室も狭い(5人ぐらいで狭く感じるレベル)です。
■浴衣は下半身部分が少し厚手になっていて透けないように配慮はしてあります。
(ぬれていてもケツの割れ目が見えないレベル)
■露天風呂から内風呂に行くルートがあるかは不明
■夕暮れ〜夜に行けば良いかもしれませんが、路線バスの最終便は18時・ホテル送迎バスの最終便は17時台です。
*指宿
指宿いわさきホテルがめちゃくちゃ広い! ただし泊まらなかったので売店を見るだけ。売店も充実。砂むし風呂もあるよ。
(ただし砂むし風呂入口付近で温泉客が砂むし風呂入浴中写真の販売をしていました。)

■JR最南端の駅(西大山駅)

JR西大山駅と開聞岳.jpg
黄砂で開聞岳がよく見えません

黄色いポスト.jpg
黄色いポストもあります

駅の前にはつけもの製造工場と売店があります。また、駅前に農家のあんちゃんがトラックで野菜を売りに来ていました。

■砂むし風呂山川砂むし温泉
駅から車で少し走ると砂むし温泉があります。温泉に行く途中の道がめちゃくちゃ狭い(教習所のクランク並み)上にものすごい傾斜(勾配15%以上あると推測される)があるので注意してください。GWということで混んでいました。
初めての砂むし風呂は重かったです。砂の重みで手がしびれました。熱さは思ったほどではなく、ちょっとウトウトして15分ぐらいで出ました。
近くには別の砂むし風呂と地熱発電所があります。

■池田湖
黄砂の日に行ったため観光案内で使われるような美しい光景は見られず。その代わりか湖周辺には花壇があって、美しい花がたくさん咲いていました。

■フラワーパークかごしま

鹿児島県が作った植物園。園内がめちゃくちゃ広いため、園内を運行するカートまである。
お花好きの方にはおすすめ。お花に興味がなくてもいろんなイベント・売店があるので楽しめる。

*知覧
■知覧特攻平和会館
5月3日の憲法記念日に行ったため慰霊祭が行われていました。
特攻隊の遺書が大量にあり、来訪者の感想文もあり、読むとブワッと涙が出てくる。
それから「ここに祭られている人は敵に特攻して死んだ人達だが、実際は飛行機の整備不良等で途中で墜落した人・特攻に失敗して帰ってきて周囲に責められて自殺した人の方が多い」とも聞き複雑な気持ちに。

■武家屋敷
ツアー旅行のパンフレットに良く載っている観光スポットですが、思ったより規模が小さかったです。
一般開放している屋敷は7軒あります。
ただし7軒全部が同時に開放されている訳ではないらしいのと、屋敷・庭自体が小さめなので観光バスなどの集団で来ると全員屋敷内に入れないという状況。

*鹿児島中央駅〜天文館通り
観光地ではないのですが鹿児島空港からのバスが鹿児島中央駅に着いた途端びっくり。
駅に観覧車設置
「大阪のHEP FIVEのマネ?」って思いましたよ。
さらに通りが広いし路面電車の軌道敷内や沿線にはキレイな芝生や花壇があるわオシャレショップが多いわシャッター閉めてる店が少ないわアーケード街が大量にあるわで、今まで自分が行った都市のありとあらゆるいいとこ取りをしたような所でした。
行ったことのある東北の県庁所在地(青森市・盛岡市・山形市)の街並みが軒並み負けているだけでなく、下手すると京都の四条河原町付近も負けているような気もします。
人口60万なのに仙台・札幌クラスの中心街でした。

シロアリ.jpg
そんな鹿児島市中心街にこんなビルが建ってる
1階のシャッターには「殺し屋参上」と書いてあった。最初シャッターを見たので「何故こんなDQNキャッチコピーが?」と不思議でした。

※余談
鹿児島市は仙台市と似てるような気がする。
*町村合併でやたらと広い面積
*有名な歴史上の人物がリスペクトされすぎ
*魚の練り物製品が有名
*海と山が近い
posted by もっきり夫人 at 14:36| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199688721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック