2011年09月11日

聖闘士星矢 第1話・第26話・第71〜73話

GYAOで聖闘士星矢の無料放送をしているので見ました。

ちなみに、私と聖闘士星矢の関わりは、小学校2年の時にファミ通に掲載されていた聖闘士星矢のおもちゃ広告で興味を持ち、漫画を買って読んでいました。
案の定、影響を受けて百科事典の星座図を見てオリジナルの聖衣を描いたりしていたので、このあたりからオタ化の片鱗が。
(しかもプラモデルを買ってもらった覚えもある)

*第1話
設定紹介・必殺技紹介・バトルシーン・今後の伏線をきちんと時間内におさめた、映像作品の見本的展開。
しかし、2011年現在では許されない残酷描写が出てきます。

*第26話
見ていて話の展開とかが何かに似ているなと思ったら、アニメ会社が東映動画で声優が青二プロだから「北斗の拳」「キン肉マン」「魁!男塾」などのジャンプバトルアニメでした。
鋼鉄聖闘士のデザインや設定がどうもガッチャマンに見えるのは気のせいか。

*第71〜73話
ラスボスとのバトル回なのでツッコミ所は多々ありますが熱い展開が続きます。
この3話を見ていると、フェニックス一輝が「すごいよ!マサルさん」のマサルに見えてしょうがない。
(特に髪型・眉毛・聖衣の下の普段着)
posted by もっきり夫人 at 23:32| バンコク ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(二次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェニックス一輝の「エスメラルダ走り」も要チェック。
Posted by norikura1059 at 2011年09月13日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック