2012年01月02日

2012年の初夢

2回夢を観たが1つしか覚えてないので覚えている方を。

自分が生徒に戻っていて、校舎は自分の通っていた中学校・クラスメイトには同じ小学校で同じ部活だった人がいる状況で席替えが始まる。
自分の席は教卓の前で、「この席だと数学の時間どうしよう」と不安になっていた。
(数学の授業にビクビクしていることから授業内容が高校の課程と推測)

「学校で席替えをする夢」についてはこちらのブログに載っていました。

他に夢診断で調べてみると
学校(教室)

ポピュラーな夢のシンボルです。人生の学校。社会人になっても、夢主がなにかを学んだり、スキルを身につける必要があるときに見る夢のようです。

人生の過渡期、自分の生き方が変化しているときに、よくこの夢を見ます。・・・それは、自分にとって、必要な経験のどれかが、今の自分に欠けている時や、その経験を学んでいる時・・・などを意味しています。



社会生活。何かを学んだり技術を身につける必要性。テストされている気分。失敗に対する不安。現在の問題点。学生時代への郷愁や思い出。家庭。

教室→何かを学びステップアップする必要性と環境の変化を暗示する。
席替え(席)

日常に変化を求めているようです。新たな楽しみだったり、もっと刺激のある毎日にしたいと思っているのかもしれません。かわり映えのない毎日に退屈しているのかも?残念ながらしばらくは生活に何の変化もなさそうです。

座席→資格、権利

席→所属する集団での位置付けを表す。この場合位置付けの変化を示す
posted by もっきり夫人 at 12:22| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック