2016年01月10日

むちフェス03に行きました

2015年11月29日に「むちフェス03」に行ってきました。

こちらのイベントを知ったのは、ある日ツイッターのTLにイベント関連のツイートが流れてきて、公式HPに行くと

『巨乳、ぽっちゃり、ムチムチ、筋肉、アスリート、巨尻等。むちフェス〜肉感アート展〜はそれらの肉感を持つ作品の即売会イベントです。☆18禁イベント☆』

と説明文がありました。
「変わったイベントだな」と思い、こちらのイベントが紹介されている記事を検索してみると

実在女性の半裸画像

が多数出てきました……。(☆記事その1その2その3
18禁イベントとは言え、ここまでハッキリとエロスアピールが可能な即売会イベントだとは思わず、正直引きました。

しかし、イベント紹介記事に掲載された半裸女性達を見ていると、
『このイベントでは、太っていても体の線を強調するようなコスチュームを着てOKなんだ!』
という、訳のわからない希望が私の中に生まれたのです。
(以下自分語りのため興味のない方は飛ばしてください)

もともと私は高校生の頃にコスプレに目覚め、自作のコスプレ衣装を作って地元の同人誌即売会に参加し、大学生になってからは自作のコスプレ衣装をヤフオク出品するなど、コスプレが大好きです。
しかし、容姿に恵まれない上に努力もしないため二次元キャラのコスプレが似合いません。自分で見ても大変残念な状態でした。
また、私が見てきたオタク系のコスプレ世界は『元の作品とかけ離れた容姿・年齢の人がコスプレをすると周囲の反発を招く』度合いが高く、社会人になってからは自宅でひっそりとコスプレをして写真を撮っていました。
そして30歳を過ぎ、残念な容姿が加齢でさらに残念になり、写真を撮って己の姿を直視できなくなり、コスプレできる機会が「観光地に置いてある戦国武将の鎧」「観光地に置いてある海女さんの衣装」など、『明らかに非日常』な場面に限定されてきました。

要するに『デブでも堂々とコスプレできるイベントなんだ!』という希望が見えたのです。

ただ、イベント紹介記事に掲載された女性の画像はどう見てもグラビアアイドル以上の露出のため、「このイベントにコスプレ参加する場合、露出コスでなければいかんのか?」という不安がありました。
(自分語り終了)

そしてイベント当日、11時開場なので開場5分前に着いたら

開 場 周 辺 に 長 蛇 の 列

並んでいるのは目測で100人程度かつ99%男性。一般参加&単独参加の女は私だけ。
並んでいる間にスタッフによる入場料徴収&パンフレット配布が行われていました。
なお、「バストかヒップが100センチ以上の女性の方に限り入場料無料」という特典のため、スタッフの方に“入場時にサイズを測ってもらいたい”ことを伝えると、“会場入りしてから女性スタッフが計測します”とのことなのでそのまま建物の中に入りました。

が、建物内の移動は階段使用&会場はビルの4階と5階のため、息を切らして4階の受付へ。
受付で計測してほしい旨を伝えると、しばらく待ってから女性スタッフに計測していただき、無事入場しました。
そして女子更衣室でコスプレ衣装に着替え、会場内に入ったら

あ つ い。

私はむちフェス前日に「春画展」に行きましたが、春画展の方が会場は狭く入場者も多かったのに、熱気というか人の放射熱量がまったく違う。

  あっという間に会場は歩いているだけでも額から汗がにじむほどの活気に。

と書かれていたのを実感。
出展者スペースをめぐり、ほしい同人誌・面白かった同人誌を数冊買った時点で

コ ス プ レ 脱 ぎ た い。

とギブアップ。イベント紹介記事の女性達が半裸だったのは、会場の熱気対策だと実感。
結局、30分程度でコスプレ衣装を脱いで普通の服に着替えました。

着替え終了後、パンフレットに「デッサン会」の告知が載っていたのを思い出し、1部に間に合う時間だったので参加してみました。
モデルのいるデッサンは中学校の美術の授業以来でした。
デッサンは大変楽しいものの、1ポーズの制限時間10分内に描ききれませんでした。
さらに、汗をかいたせいなのか

寒 い。

なぜかデッサン会のところだけ空調がきいていて、「自律神経がおかしくなったのか?」と思うぐらい寒い。
空調の異変については、他の参加者の方やスタッフの方も同様に感じたらしく、スタッフの方が会場側に空調設定を依頼しに行っていました。


デッサン会1部終了後、デッサンに集中しすぎたのかとても疲れてしまい、コンテストやデブライブのライブを見ることなく会場を後にしました。
イベント参加してみて、当初はコスプレ目的だったのに、なんとなく参加したデッサン会が思いのほか楽しく、次回むちフェスに参加できるなら、デッサン会には必ず行きたいです。

あと、イベント主催側にお願いというか要望として

『入場料が高くなってもいいので、いすと机のある休憩所(別料金で時間制でもいいです)を用意していただけるとありがたいです。』

posted by もっきり夫人 at 13:42| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック