2016年12月24日

大河ドラマ感想文「真田丸」#真田丸総評

2016年は大河ドラマ「真田丸」にドはまりし、チャングム・平清盛・あまちゃんに続いてネット上に感想を垂れ流していました。
自宅のネット環境がなくなったため、ツイッターでの感想投稿で長文がなかなか書けず、最終回後にまとめて書きます。

☆良かった点:とにかくわかりやすい

@コーエーによる地図CG

個人的にありがたかったのはコーエーによる地図CGです。
というのが私の場合、都道府県レベル・新幹線経路レベルなら地理は把握できるのですが、真田丸の主な舞台である関東甲信越の詳細な位置・地域の距離間はまったくわからなかった。
そこに第2回の「軽井沢で一泊」のあたりに出てきた地図CGは山脈や街道も表現されているから、「新府から岩櫃までは山を越えるか迂回するかのルートしかない」とすぐにわかる。
他にも地図CGが活用されたシーンは多々ありました。

Aキャラ付け

「策がございます」「大ばくちの始まりじゃ」「卑怯者で何が悪い」の真田・コント集団から敵幹部への華麗な転身の徳川・秀吉が生きてようが死んでようがブラック組織の豊臣・変顔の北条・涙目とイケボの上杉・ずんだの伊達と、一発で視聴者に理解&記憶させるセリフと演出多数。
チョイ役でも旭姫を筆頭に、「黙れ小童!」「塙っっ団右衛門」「全力で押し通る」と主要キャラ以上にインパクトのあるセリフと演技が目立ちます。

B画面構成・演出

真田丸放送期間中に大河ドラマ「平清盛」を少し見返していました。
「平清盛」では色彩・画面構成・ライティングがめちゃくちゃ凝っていた(特に陰影のつけ方が凝っている)のに対し、「真田丸」では

*朝・昼・夕方・夜の時間帯、天候、室内・屋外の区別をはっきりつける
*当初はどこに誰がいて、その後誰が来て誰が去ったのかをはっきり描く
*カメラや視点の切り替えは必要最小限
*場所のテロップを出した上にナレーションでも語る・家紋を出すなどで場所がどこか明示する

と、大変親切丁寧な画面構成・演出でした。


続きを読む
posted by もっきり夫人 at 18:44| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

むちフェス03に行きました

2015年11月29日に「むちフェス03」に行ってきました。

こちらのイベントを知ったのは、ある日ツイッターのTLにイベント関連のツイートが流れてきて、公式HPに行くと

『巨乳、ぽっちゃり、ムチムチ、筋肉、アスリート、巨尻等。むちフェス〜肉感アート展〜はそれらの肉感を持つ作品の即売会イベントです。☆18禁イベント☆』

と説明文がありました。
「変わったイベントだな」と思い、こちらのイベントが紹介されている記事を検索してみると

実在女性の半裸画像

が多数出てきました……。(☆記事その1その2その3
18禁イベントとは言え、ここまでハッキリとエロスアピールが可能な即売会イベントだとは思わず、正直引きました。

しかし、イベント紹介記事に掲載された半裸女性達を見ていると、
『このイベントでは、太っていても体の線を強調するようなコスチュームを着てOKなんだ!』
という、訳のわからない希望が私の中に生まれたのです。
(以下自分語りのため興味のない方は飛ばしてください)

もともと私は高校生の頃にコスプレに目覚め、自作のコスプレ衣装を作って地元の同人誌即売会に参加し、大学生になってからは自作のコスプレ衣装をヤフオク出品するなど、コスプレが大好きです。
しかし、容姿に恵まれない上に努力もしないため二次元キャラのコスプレが似合いません。自分で見ても大変残念な状態でした。
また、私が見てきたオタク系のコスプレ世界は『元の作品とかけ離れた容姿・年齢の人がコスプレをすると周囲の反発を招く』度合いが高く、社会人になってからは自宅でひっそりとコスプレをして写真を撮っていました。
そして30歳を過ぎ、残念な容姿が加齢でさらに残念になり、写真を撮って己の姿を直視できなくなり、コスプレできる機会が「観光地に置いてある戦国武将の鎧」「観光地に置いてある海女さんの衣装」など、『明らかに非日常』な場面に限定されてきました。

要するに『デブでも堂々とコスプレできるイベントなんだ!』という希望が見えたのです。

ただ、イベント紹介記事に掲載された女性の画像はどう見てもグラビアアイドル以上の露出のため、「このイベントにコスプレ参加する場合、露出コスでなければいかんのか?」という不安がありました。
(自分語り終了)

そしてイベント当日、11時開場なので開場5分前に着いたら

開 場 周 辺 に 長 蛇 の 列

並んでいるのは目測で100人程度かつ99%男性。一般参加&単独参加の女は私だけ。
並んでいる間にスタッフによる入場料徴収&パンフレット配布が行われていました。
なお、「バストかヒップが100センチ以上の女性の方に限り入場料無料」という特典のため、スタッフの方に“入場時にサイズを測ってもらいたい”ことを伝えると、“会場入りしてから女性スタッフが計測します”とのことなのでそのまま建物の中に入りました。

が、建物内の移動は階段使用&会場はビルの4階と5階のため、息を切らして4階の受付へ。
受付で計測してほしい旨を伝えると、しばらく待ってから女性スタッフに計測していただき、無事入場しました。
そして女子更衣室でコスプレ衣装に着替え、会場内に入ったら

あ つ い。

私はむちフェス前日に「春画展」に行きましたが、春画展の方が会場は狭く入場者も多かったのに、熱気というか人の放射熱量がまったく違う。

  あっという間に会場は歩いているだけでも額から汗がにじむほどの活気に。

と書かれていたのを実感。
出展者スペースをめぐり、ほしい同人誌・面白かった同人誌を数冊買った時点で

コ ス プ レ 脱 ぎ た い。

とギブアップ。イベント紹介記事の女性達が半裸だったのは、会場の熱気対策だと実感。
結局、30分程度でコスプレ衣装を脱いで普通の服に着替えました。

着替え終了後、パンフレットに「デッサン会」の告知が載っていたのを思い出し、1部に間に合う時間だったので参加してみました。
モデルのいるデッサンは中学校の美術の授業以来でした。
デッサンは大変楽しいものの、1ポーズの制限時間10分内に描ききれませんでした。
さらに、汗をかいたせいなのか

寒 い。

なぜかデッサン会のところだけ空調がきいていて、「自律神経がおかしくなったのか?」と思うぐらい寒い。
空調の異変については、他の参加者の方やスタッフの方も同様に感じたらしく、スタッフの方が会場側に空調設定を依頼しに行っていました。


デッサン会1部終了後、デッサンに集中しすぎたのかとても疲れてしまい、コンテストやデブライブのライブを見ることなく会場を後にしました。
イベント参加してみて、当初はコスプレ目的だったのに、なんとなく参加したデッサン会が思いのほか楽しく、次回むちフェスに参加できるなら、デッサン会には必ず行きたいです。

あと、イベント主催側にお願いというか要望として

『入場料が高くなってもいいので、いすと机のある休憩所(別料金で時間制でもいいです)を用意していただけるとありがたいです。』
続きを読む
posted by もっきり夫人 at 13:42| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

秋の勝沼・小淵沢女一人の節約旅 旅行前の計画編

今年の10月に勝沼・小淵沢へ旅行に行きました。
元々サントリー白州蒸留所に行きたかったのでいろいろ調べていたのと、昨年頂いたワインがとてもおいしくて、箱に「ぶどうの丘」と書かれてありぶどうの丘に行ってみたくなったからです。
さらにちょうどNHKスタジオパークで「あまちゃん じぇじぇじぇ展」が開催され、まとめて全部行ってやることにしました。

旅行前の手持ち各種金券が

*JTB旅行券15000円分
*びゅう商品券3000円分
*クオカード1万円分
*イオン商品券5000円分
*イオンギフトカード3000円分

で、

『東京までの往復旅費はJTB旅行券+現金
食事等はコンビニで買う→クオカード使用orミニストップがあればイオン商品券かイオンギフトカード』

のように、「今まで懸賞で当てた各種金券を使って節約旅行を」ともくろんだのですが……。


まず困ったのが小淵沢での宿泊。
各種旅行サイトで検索すると、小淵沢にはビジネスホテルのように交通便利な場所にある単身者向け宿泊施設がほとんどなく、

無料送迎付き高級リゾートホテル
駅から遠い(徒歩10分以上)のペンション

がほとんどでした。
しかも宿近隣までの公共交通機関が皆無のため、道を覚えるために最低1回は駅からタクシーを利用することを考えると、タクシー代を余分に確保しなくてはなりません。(※酒関連のところに行くためレンタカーという選択肢はない)
よって駅からは遠くとも各種旅行サイト内最安値のユースホステルを選択。

次に迷ったのが東京―勝沼・小淵沢間の交通手段。
鉄道と高速バス、どちらも一長一短ありますが、私の行きたいところは高速ICより駅からの方が近いため鉄道を選択しました。
ただ、ここで節約するために新宿からの特急ではなく、高尾まで京王使用・高尾からJRの普通列車というソフト鉄的選択。


つづく
posted by もっきり夫人 at 18:32| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

聖地巡礼〜「あまちゃん」の舞台 岩手県久慈市に行きました〜

久しぶりにブログ書きます。

8月にNHK朝ドラの舞台、岩手県久慈市に行ってまいりました。
実はブログを始めたころにも、一度小袖海岸(作中では「袖ケ浜」)に行ったことがあります。
その時は素潜り実演の時期ではなく、誰もいなかった上に「海女センター」が大変小さくてがっかりした記憶があります。

しかしそれから約10年。ドラマロケ地となった小袖海岸には大量に人が。


☆小袖海岸
久慈市が土日祝にマイカー規制しているくらい、ここに至るまでの道が狭い
曲がりくねった断崖絶壁に車2台がすれ違えない狭さ。
途中に待避所的なスペースがいくつかあるものの、運転に自信のない人はバスかタクシー使用した方がいいです。
私の場合、お盆後の平日にマイカー(※軽自動車)で行き、待避所的スペースのないところで練馬ナンバーの対向車(※ミニバン)と行き会い、対向車がバックして待避所的スペースまで譲ってくれました……。

小袖海岸の鎖.jpg


海岸につくと、高台・作中で出てきた海女クラブ仮設事務所・海に潜るための階段・アキが海に飛び込む灯台が見えます。
高台.jpg


灯台.jpg


この灯台、作中では登場人物が上の段を走っているものの、実際は階段のところに「登るの禁止」の警告文とチェーンがありました。
なので私は登りませんでしたが、団体で来た人たちが上の段を歩いていました。この人たちは許可を得た人たちだったのでしょうか。

海女クラブ仮設事務所付近では素潜り見学受付の他に、おみやげ・まめぶ汁などの軽食・生ウニなどの海産物の販売もありました。
小袖海岸のウニ.jpg

8月下旬現在の価格は

殻つき生ウニ:大きいのが1000円・小さいのが800円(画像は1000円のもの)
まめぶ汁:300円か500円(はっきり覚えてない)
磯ラーメン:半玉が500円・1玉が800円
焼きエビ・ホタテ:200〜500円
ホヤ:200〜300円
ゆでたヒラツメガニ:5〜6ぱい入って1000円のところ「すぐ食べるから半分の量で」といって3ばいで500円にしてもらう
おにぎり・豆腐田楽:200円前後
飲み物:自販機120〜150円・氷で冷やしたの100〜120円

でした。ウニはさておきかなり良心的な価格です。

それでも私のおススメはやはり生ウニ。その場で割ってくれたものなので中に海藻の残骸等入ってますがうまい。
1個1000円だと正直高いですが、親指ぐらいの大きさのウニが4つぐらい入っていた上に活きが良かった。
当初は箸で食べてましたが、最終的には指ですくって食べたので、これから行かれる方はウェットティッシュ持参されるべき。

それから磯ラーメン、塩ラーメンにウニ(これも大きい)・ホタテ・海藻・ムール貝が入っていて出汁が出ていて良かった。
なお、まめぶ汁は無理に食べなくていいです。けんちん汁+クルミ団子なので。

お座敷列車.jpg

お座敷列車のヘッドマークもあるよ!
コスプレ用の絣半纏も大人用・子供用と用意されていました。(おそらく無料)
続きもあるよ!
posted by もっきり夫人 at 15:33| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

「平清盛」感想まとめ

長らくブログで感想を書けずじまいでした。

視聴率云々ばかりが注目されたドラマでしたが、総じて面白い内容だったと思います。

☆良い点
・俳優陣の演技
 「厨二病患者からラスボス化」した清盛を筆頭に、狂気演技が光った鳥羽・崇徳・後白河などなど、放送終了後も「あのシーンは良かった・面白かった」と言える演技でした。
・新解釈を打ち出した脚本
 これまで「平家にあらずんば人にあらず」は傲慢な平家が発したセリフ、という解釈(通説)でしたが、このドラマでは平家の汚れ仕事を担当した時忠がぼそりと、諦観と言うか無常と言うか悲しみのような感情を込めて話していました。
・何でもあり、盛りだくさんの内容
 時代劇ではあるものの、ラブコメ・愛憎劇・少年漫画・ホモシーン・ヤクザもの・ホラー・ホームドラマなどさまざまな要素が盛り込まれていました。

☆悪い点
・頼朝が異常に清盛をリスペクトしている
 一視聴者としてよく分からない&納得できなかった要素がこれ。
 というのが、頼朝と清盛は直接対峙したのが少なかった(2回ぐらい?)上に、対峙後は頼朝は20年のニート引きこもり生活に突入。
 さらに清盛は頼朝の後ろにいる義朝の亡霊(というかライバル企業である「源氏」?)と対峙しているから、頼朝本人に対しての感情とか思い入れはさほどなかったように見えました。(清盛は「頼朝の首を墓前に供えろ」と言って死ぬものの、これも頼朝本人に対してどうこう、ではなく「かつての敵を倒して平家の力を示せ」という意味合いの方が強いように見えた。)
 また、伊豆でのニート引きこもり生活中の頼朝は清盛の話をすべて伝聞で聞いているから、そこでどうやって清盛をリスペクトする姿勢が生まれたのか不思議でならない。おまけに頼朝はエアアローで打ち抜かれてエヘエヘ言い出す始末。

・いきなり飛躍する演出・脚本
 「鳥羽院を打ったエアアローが時空を超えて頼朝に命中」
 「ナレーションの頼朝が“その後私も死にました”とぶっちゃけトーク」
 は伏線回収・史実反映をしたかったのは分かりますが、これでは視聴者ポカーンor失笑を誘っただけではないかと……。
posted by もっきり夫人 at 13:38| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

ルイ・グラマラスno ルイ・グラマラスのブラジャー買いましたレポート2012

季節の変わり目なので下着を新調しました。





マ・シェリブラ

カップ下部に寄せ上げ布(?)がついているせいか、胸寄せ機能がすごいです。
モデル着用画像はさほど胸が寄っていませんが、私の場合はやたらと寄ってまるで漫画のような谷間ができました。
ただし、通常の国産メーカーよりカップサイズを3つ上げないとブラジャー自体が合わなかったため、太っていてまんべんなく肉がついている人・胸が垂れて離れている人(つまりいろんなところから肉を寄せ集められる人)は大きめのカップで試着してください。
不満点としては、
・フロントの編み上げ部分が弱くて胸の重みに耐え切れず千切れそうで怖い
・上げ機能がさほどでもなかった
・寄せ上げ布がカップに縫い付けられているのではなくサイドボーンに縫い付けられているので脇の部分にシワが寄ってもったりする
です。







マードレ授乳ブラ

通常タイプが売り切れのため、授乳タイプを注文しました。
レビューにもあるように、子育てをしたことがない私にも分かるくらいカップがはずしにくいため、授乳としてはNG商品です。
しかし、通常のフルカップブラとしてならありです。こういったかわいいデザインのものはほとんどないので貴重です。
ただ、授乳タイプだからかあまり胸をしっかり支える・抑えるタイプではなく、胸がすっきり見えない(野暮ったく見える)のが残念です。





続きを読む
posted by もっきり夫人 at 22:36| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

東西南北

旅行に行きたいのでいろいろ調べてみたら、JRの最東西南北駅についての旅行記サイトを見つけた。
私は最北駅稚内駅・最南駅西大山駅に行ったので、最西駅の佐世保駅と最東駅東根室に行けばすべて制覇できる。


というわけで、先にどちらに行こうか妄想中。
(なお、佐世保駅はハウステンボスに行く際に通過したが、東根室駅はかすりもしていない。)
posted by もっきり夫人 at 12:23| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

テンペスト 9話・10話

1話と10話でファンタジー全開CG多発して終了

総じて面白い話でしたが、分厚い原作に対してドラマ版は尺が短すぎた。(なお原作は未読)
大河でやっても良かった内容なのでこの点が大変残念でした。

なお、作中で徐さんが寧温に対し「琉球という国は男か女かわからないお前のような存在」と言い、朝薫は寧温を「国のためなら宦官にも側室にもなる」と評します。
確かベッテルハイムは「外国人に泡盛をがぶ飲みさせて、泥酔している間に琉球から追い出したから(琉球人は)信用できない」みたいなことを言っていたので、寧温=琉球の象徴として解釈するなら「したたかに立ち回らざるを得ない」点で外国人と琉球人の評価が真っ二つに割れるのかなと。

最後に、このドラマで一番良かったシーンは、おばあが「おばあは寧温の味方だよ」と言うシーンでした。
posted by もっきり夫人 at 22:40| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

シュウウエムラの美容液使いました。

コスメブランド・ショップのコミュニケーションサイト「Luxe beaute(ラグゼ・ボーテ)」イベント参加中!!

シュウ ウエムラ『TSUYA エッセンス』を使ってみました。
image/2012-07-21T08:46:03-1.jpg

公式サイトを見ると、「美肌スイッチON」と書かれており、ケチらずたっぷり顔・首、さらには自己処理を繰り返したため肌がボロボロになっている脇にまで塗りました。
脇にまで塗ったので1本(サンプル10ml)使い切るのが早かった……。
使ってみた感想はというと、ボディ用化粧品でないにも関わらず、私の脇のしわと黒ずみが少し薄くなっていましたよ!
また、顔・首の方は肌理や毛穴に変化はなかったものの、右ほほにある体調が悪くなると出てくる湿疹がこれを使っている間はなぜか出てきませんでした。
化粧品メーカーの本来の意図とは違う使い方をしたものの、さすが高級ブランド化粧品ですね。
posted by もっきり夫人 at 09:04| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

平清盛 第二十三回〜第二十七回

第二十三回:外出のため未見
第二十四回:息子も厨二病
第二十五回:宋に行けるぞ
第二十六回:経済ヤクザVS武闘派ヤクザ その1
第二十七回:経済ヤクザVS武闘派ヤクザ その2


忠正おじが死んでからというもの、話の内容や清盛の言動が「時代劇・大河ドラマ」の皮をかぶったヤクザドラマにしか見えなくなりました。
今となっては清盛が厨二病だったのがなつかしいです。
posted by もっきり夫人 at 19:17| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

美白野郎

私の美白対策は

*L−システイン配合ビタミンC製剤を飲む
*日焼け止めを大量かつこまめに塗る
*日中出歩かない


というものです。
しかし、車を運転していると右側にだけ日光を浴びやすくなり、数年前には右頬骨の辺りに直径1p程度のもやっとしたシミができてしまいました。
これを何とかしたくて皮膚科のレーザー治療(※保険適用外)・ハイドロキノン配合のクリーム(※これも保険適用外)を使用しましたが、思うような効果は得られず(特にハイドロキノン配合クリームは赤くなったため使用中止)、ビタミンC製剤を飲み続け、美白化粧品や保湿美容液を塗って数年ががりで薄くしました。

このシミのほかにも顔にそばかすやしみ予備軍があるので、有名な美白化粧品トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスを使いました。

トランシーノ.jpg
写真右から日焼け止め・化粧水・美白美容液(クリーム)

化粧水はコットンを使うのが面倒なので手でばしゃばしゃ首にまでつけていたら、どうもべたつくのでコットン使用に切り替えたところべたつきがなくなりました。保湿力高めなのでエアコンが効いた環境にいる方や真夏でも乾燥肌の方にいいと思います。
(手でこれをつけた後、容器本体をもってふたを閉めたら容器本体までべたついていた。)
一方で美白美容液は普通のクリームでべたつくこともなく、これまた大量に顔・首に塗っていました。

現在半分以上使いましたが、肌トラブルもないものの美白効果は実感はしていません。
ただ、しみやそばかすが濃くなったりもしていないし、美白化粧品は短期間で効果が出るものでもないので、これ以上のしみ・そばかすの増加を食い止めてくれてはいるんだなぁと思っています。

コスメブランド・ショップのコミュニケーションサイト「Luxe beaute(ラグゼ・ボーテ)」イベント参加中!!

posted by もっきり夫人 at 10:59| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

平清盛 第十七回〜第二十二回

第十七回:ホームドラマ
第十八回:後白河爆誕
第十九回:あなにくし
第二十回:清盛厨二病治る
第二十一回:夜討ち
第二十二回:敗者の末路


久々にバトルシーン(保元の乱)が出てきました。
新キャラのガンダム為朝・「アッー!」シーンで大活躍だった頼長の「ヒィ!」・自ら捨て石になった忠正おじさんなどなど、人物一人ひとりに見せ場がありました。
しかし主人公の清盛があんまり活躍してないような気がします。
posted by もっきり夫人 at 13:26| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

テンペスト 第五回〜第八回

ツイッターで実況しながら見てますが、

主人公が正体を隠して宮中へ→権力闘争に巻き込まれる→流刑→ジョブチェンジして宮中へ→王族へ直訴→王命→ミッションクリア→色恋沙汰勃発

という流れにチャングムテイストを感じます。

チャングムの場合は主人公の行動基準が「母と師匠」、テンペストの場合は「国を守る」とまったくちがうものの、中国冊封体制下の国でサムライが出てくるという点まで似通っているとは……。続きを読む
posted by もっきり夫人 at 22:40| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

BBクリーム野郎2

BBクリームを使い始めて早数年。
1本使い切るのに半年ぐらいかかるので、財布にやさしい化粧品です。
今回はこの写真に写っているBBクリームの使用感を左側から順に書きます。
(私は混合肌で、ブルーのシャドウがグレーになるくらいのイエローベースです。)

BBクリーム.jpg

ドクターシーラボ BBパーフェクトクリームホワイト377プラス 
クリームの色がかなりくすんだベージュ(良い表現をするとミルクたっぷりカフェオレ色)で、私の肌の色とまったく合わず、塗ると老けて見えるため、色だけならば失敗でした。
ただ、生理前などの肌の調子が悪い時でもノリが良いので、色さえ合えばかなりおススメです。

モイストラボ BBマットクリーム 
マットタイプBBクリームは初使用です。
しかしベージュ・オークルと2つあるうち、ベージュを選んだら私の肌には白すぎました。
マットタイプとのことですが、さすがに時間がたつとマットさは消えてツヤツヤ(体調によってはテカリます)。

ランコムUV エクスペール エッセンス イン BB
これだけ高価格帯の外資系化粧品。さらに本体裏には<日焼け止め用乳液>とあるので、本来の意味でのBBクリームではありません。
クリームの色が形容しがたいグレー(泥の色っぽい)で、つけすぎると顔が真っ白になります。(時間がたてば白さは消えます)
ブルーベースの色白な肌には合うかもしれませんが、イエローベースの人は注意してください。
さらに、これを2回使ったら小鼻の皮向け+吹き出物ができたため、使用を中止し、肌が回復してから2回使用してみると肌トラブルは起きず。
(使用中止後に下痢をしたため体調が悪かっただけなのでしょう)
なお、SPFの高さにもかかわらずつけた感じの圧迫感がありません。この点はさすが高価格帯化粧品です。

毛穴パテ職人 BBクリーム
私は頬の毛穴がゆるみ(たるみ?)で広がっているのですが、この毛穴を自然にカバーしてくれました。
しかしその分クリームの伸びが悪いため手持ち乳液と混ぜて使用しました。
色も私の肌には合っています。


なお、また書きますがBBクリームは人によって合う合わないの差が激しいので、必ず店頭テスターを試してください。


コスメブランド・ショップのコミュニケーションサイト「Luxe beaute(ラグゼ・ボーテ)」イベント参加中!!
posted by もっきり夫人 at 17:29| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

かるかや餅食べました

親戚からおみやげで「かるかや餅」をいただきました。

かるかや餅.jpg


パッケージに「高野名物」と書かれているのに、なんで弁慶と牛若丸の絵があるのかと思ったら、この二人は弁慶と牛若丸ではなく「刈萱と石童丸」でした。
よく見れば弁慶らしき人物は武器を背負っていません。

中身はというと、薄い餅生地(求肥っぽい感じ?)にこしあんがたっぷり詰まっている+黄粉たっぷりなので、飲み物がないときついかもしれません。
私はつぶあん派&餅生地は厚めが好きなので、2個食べておしまいにしました。
posted by もっきり夫人 at 00:01| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

テンペスト 第一回〜第四回

去年地上波で1話のみ放送され、それ以降続きが気になっていたものの、原作を読む気になれず、BSに加入する予定もないのでそれっきりになっていた「テンペスト」。
第一回の変なCGは苦笑しましたが、琉球の時代劇+男装主人公+大奥+宮廷内権力闘争と内容的には盛りだくさんなので、権力闘争系のドラマが好きな方なら楽しめると思います。
特に第三回と四回でチャングム47話・48話のような裁判・権力闘争シーンが出てきました。
posted by もっきり夫人 at 21:48| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

平清盛 第十三回〜第十七回

第十三回:バカには見えない矢
第十四回:アッー!

第十五回:外出のため未見
第十六回:海辺の思い出

十三回の「バカには見えない矢」や十四回のアッー!2連発のようなネタ要素が強い回が続きました。
ドラマの展開よりもネタ要素の部分部分の方がインパクトが強いため、「篤姫」や「江」がスイーツ(ディズニープリンセス)大河なら「平清盛」はネタ大河と命名したい。


以下余談。
「平清盛」低視聴率の理由を個人的に考えると「内容詰め込みすぎ」「キャラ多すぎ」で、ついていけない視聴者が多かったからだと思う。
posted by もっきり夫人 at 00:12| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

映画視聴感想文「タイタニック3D」

タイタニック3Dを映画館で3Dメガネかけて見てきました。 実は2D版を見たことがなく、これが初見でした。 初めての3D映画は「酔いました」。 せっかくポップコーンを買ったのに、私にしては珍しくかなり大量に残ってしまいました。続きを読む
posted by もっきり夫人 at 22:43| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

乾燥注意報

TVのニュースでは「東京で桜が開花」などと報じていますが、私の生息地では4月になっても雪やあられが降り、先日盛岡市に行けば雪が降ってきたりと東北の春はまだ浅いのに関東での浮かれ具合に怒りを覚える今日この頃です。 そんなわけでいかに私のツラの皮が厚かろうとほっぺとくちびるがカサカサするわけです。
エテュセ.jpg
そこでエテュセ リップエッセンスaを口に塗り塗りしていました。 普段は98円のリップクリーム・ワセリン・馬の油を塗っているものの、リップクリームだとすぐに乾燥するためまめに塗り、ワセリン・馬の油だと恐ろしくベタベタテカテカになるので寝る前にしか濡れませんでした。 エテュセ リップエッセンスaだと保湿力があって塗る回数も減り、自然なツヤが出るので唇の色が濃い人なら口紅が不要です。
posted by もっきり夫人 at 23:11| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

じゃじゃ麺食べました

盛岡市の「白龍」でじゃじゃ麺を食べてきました。 じゃじゃ麺.jpg 写真は混ぜる前 カウンター席に座ったため、盛り付け工程を見ていると、麺→きゅうり&ねぎ→味噌→しょうが→白い粉という順番でした。 白い粉に何か秘密が! と思ったものの、店員さんの会話を聞いていると、この白い粉は「塩」でした。 なお、味は思っていたよりも味噌の味が薄く(茹で上げた麺をザル等で水きりしていないせいか?)、味噌追加+にんにく投入でやっと食べた気になりました。 麺はもっちもっちして私の好きな食感なので、味噌の味がもう少しあればよかったです。
posted by もっきり夫人 at 19:17| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする