2012年05月27日

BBクリーム野郎2

BBクリームを使い始めて早数年。
1本使い切るのに半年ぐらいかかるので、財布にやさしい化粧品です。
今回はこの写真に写っているBBクリームの使用感を左側から順に書きます。
(私は混合肌で、ブルーのシャドウがグレーになるくらいのイエローベースです。)

BBクリーム.jpg

ドクターシーラボ BBパーフェクトクリームホワイト377プラス 
クリームの色がかなりくすんだベージュ(良い表現をするとミルクたっぷりカフェオレ色)で、私の肌の色とまったく合わず、塗ると老けて見えるため、色だけならば失敗でした。
ただ、生理前などの肌の調子が悪い時でもノリが良いので、色さえ合えばかなりおススメです。

モイストラボ BBマットクリーム 
マットタイプBBクリームは初使用です。
しかしベージュ・オークルと2つあるうち、ベージュを選んだら私の肌には白すぎました。
マットタイプとのことですが、さすがに時間がたつとマットさは消えてツヤツヤ(体調によってはテカリます)。

ランコムUV エクスペール エッセンス イン BB
これだけ高価格帯の外資系化粧品。さらに本体裏には<日焼け止め用乳液>とあるので、本来の意味でのBBクリームではありません。
クリームの色が形容しがたいグレー(泥の色っぽい)で、つけすぎると顔が真っ白になります。(時間がたてば白さは消えます)
ブルーベースの色白な肌には合うかもしれませんが、イエローベースの人は注意してください。
さらに、これを2回使ったら小鼻の皮向け+吹き出物ができたため、使用を中止し、肌が回復してから2回使用してみると肌トラブルは起きず。
(使用中止後に下痢をしたため体調が悪かっただけなのでしょう)
なお、SPFの高さにもかかわらずつけた感じの圧迫感がありません。この点はさすが高価格帯化粧品です。

毛穴パテ職人 BBクリーム
私は頬の毛穴がゆるみ(たるみ?)で広がっているのですが、この毛穴を自然にカバーしてくれました。
しかしその分クリームの伸びが悪いため手持ち乳液と混ぜて使用しました。
色も私の肌には合っています。


なお、また書きますがBBクリームは人によって合う合わないの差が激しいので、必ず店頭テスターを試してください。


コスメブランド・ショップのコミュニケーションサイト「Luxe beaute(ラグゼ・ボーテ)」イベント参加中!!
posted by もっきり夫人 at 17:29| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

かるかや餅食べました

親戚からおみやげで「かるかや餅」をいただきました。

かるかや餅.jpg


パッケージに「高野名物」と書かれているのに、なんで弁慶と牛若丸の絵があるのかと思ったら、この二人は弁慶と牛若丸ではなく「刈萱と石童丸」でした。
よく見れば弁慶らしき人物は武器を背負っていません。

中身はというと、薄い餅生地(求肥っぽい感じ?)にこしあんがたっぷり詰まっている+黄粉たっぷりなので、飲み物がないときついかもしれません。
私はつぶあん派&餅生地は厚めが好きなので、2個食べておしまいにしました。
posted by もっきり夫人 at 00:01| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

テンペスト 第一回〜第四回

去年地上波で1話のみ放送され、それ以降続きが気になっていたものの、原作を読む気になれず、BSに加入する予定もないのでそれっきりになっていた「テンペスト」。
第一回の変なCGは苦笑しましたが、琉球の時代劇+男装主人公+大奥+宮廷内権力闘争と内容的には盛りだくさんなので、権力闘争系のドラマが好きな方なら楽しめると思います。
特に第三回と四回でチャングム47話・48話のような裁判・権力闘争シーンが出てきました。
posted by もっきり夫人 at 21:48| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

平清盛 第十三回〜第十七回

第十三回:バカには見えない矢
第十四回:アッー!

第十五回:外出のため未見
第十六回:海辺の思い出

十三回の「バカには見えない矢」や十四回のアッー!2連発のようなネタ要素が強い回が続きました。
ドラマの展開よりもネタ要素の部分部分の方がインパクトが強いため、「篤姫」や「江」がスイーツ(ディズニープリンセス)大河なら「平清盛」はネタ大河と命名したい。


以下余談。
「平清盛」低視聴率の理由を個人的に考えると「内容詰め込みすぎ」「キャラ多すぎ」で、ついていけない視聴者が多かったからだと思う。
posted by もっきり夫人 at 00:12| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

息を殺して 罪を殺して 嫁に行きたい2

3年前に自分の百合萌えの根底にあるものは何かを考えて、自己分析したブログ記事を書きました。 その時は「作品世界で語られる苦悩・葛藤要素を好んでいるのではないか?」と分析したものの、どうもそれだけではないなと思いつつ、はっきりしたものがわからないまま3年。 話はとんで、私が登録している携帯向けサイト「本物の心理テスト」に「SONG de 心理学」というコーナーがあり、乃木坂46の「ぐるぐるカーテン」の歌詞を心理学的に解釈・説明していて、それを読んだ時にハッとしました。 サイトの解釈・説明では「同質親密性」という心理学の定義が出されていました。(以下引用・抜粋)
【同質親密性】とは、10代前半の前青年期と呼ばれる時期に、自分と非常に似た同性に親近感を抱くことを指します。 (中略) 興味深いのは、【同質親密性】が同性に対して抱かれる気持ちだということです。また、男女の友情に関する調査研究が多く進められる中で、男性よりも女性のほうが【同質親密性】が高いという調査結果や、女性のほうが「親友」に対して身体的に近い距離を許すという研究結果も示されています。 中高時代に同性にひどく心惹かれる「擬似恋愛」のような時期が訪れることは一般的にもよく知られています。それは、サリヴァン(注:【同質親密性】の概念を提唱した精神科医)の考える【同質親密性】そのものであると考えられます。
いわゆる思春期特有の心理状態の話で、これがどうも私の百合萌えに関係しているようなのと、このサイトには他にも「夢・金・人テスト」という心理テストがあり、やってみたら「人タイプ(人と心のつながりを持ちたい)」でした。 つまり、私の中の「人と心のつながりを持ちたいと願う思春期の乙女的心理状態」が百合萌えの一因ではないかと。 この考えで行けば、「同性に親近感を抱く」からやおい・BLに興味が持てないのが説明できるし、女性同士の関係をコテコテに描いた「チャングム」にはまったのも当然です。 ただ、マリみてやプリキュアは思春期の乙女の話なのに夢中になれなかったのを、「同質親密性」「人タイプ」では説明できないので、まだ分析の余地はあります。
posted by もっきり夫人 at 22:25| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一切は燃えている | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

映画視聴感想文「タイタニック3D」

タイタニック3Dを映画館で3Dメガネかけて見てきました。 実は2D版を見たことがなく、これが初見でした。 初めての3D映画は「酔いました」。 せっかくポップコーンを買ったのに、私にしては珍しくかなり大量に残ってしまいました。続きを読む
posted by もっきり夫人 at 22:43| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

乾燥注意報

TVのニュースでは「東京で桜が開花」などと報じていますが、私の生息地では4月になっても雪やあられが降り、先日盛岡市に行けば雪が降ってきたりと東北の春はまだ浅いのに関東での浮かれ具合に怒りを覚える今日この頃です。 そんなわけでいかに私のツラの皮が厚かろうとほっぺとくちびるがカサカサするわけです。
エテュセ.jpg
そこでエテュセ リップエッセンスaを口に塗り塗りしていました。 普段は98円のリップクリーム・ワセリン・馬の油を塗っているものの、リップクリームだとすぐに乾燥するためまめに塗り、ワセリン・馬の油だと恐ろしくベタベタテカテカになるので寝る前にしか濡れませんでした。 エテュセ リップエッセンスaだと保湿力があって塗る回数も減り、自然なツヤが出るので唇の色が濃い人なら口紅が不要です。
posted by もっきり夫人 at 23:11| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

じゃじゃ麺食べました

盛岡市の「白龍」でじゃじゃ麺を食べてきました。 じゃじゃ麺.jpg 写真は混ぜる前 カウンター席に座ったため、盛り付け工程を見ていると、麺→きゅうり&ねぎ→味噌→しょうが→白い粉という順番でした。 白い粉に何か秘密が! と思ったものの、店員さんの会話を聞いていると、この白い粉は「塩」でした。 なお、味は思っていたよりも味噌の味が薄く(茹で上げた麺をザル等で水きりしていないせいか?)、味噌追加+にんにく投入でやっと食べた気になりました。 麺はもっちもっちして私の好きな食感なので、味噌の味がもう少しあればよかったです。
posted by もっきり夫人 at 19:17| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

失業保険の手続きは職安へ

仕事をやめたあと、離職票を持って職安で手続きするともらえるお金は「失業保険」ではなく、正しくは「雇用保険の失業等給付」です。 3月末から4月は期間工や有期雇用の期間満了シーズンということで、手続きをする人で職安の雇用保険の窓口が激混み、職安近隣の道路が渋滞したりと職安で手続きをする人も大変ですが、職安で働く人も職安周辺で生活する人や仕事をしている人も大変だと思います。 私が無職になった時は夏で、職安もさほど混んでいなかったものの雇用保険や社会保険の知識がないまま辞めてしまったので、退職理由が「自己都合」だとお金をもらえるまでに3ヶ月かかる(待機期間がある)ことを知りませんでした。 (しかも、当時の精神状態が悪く、ネットで失業保険 手続きなどを調べる気力もありませんでした。) ただ、私の場合運良く職業訓練を受けられたため、待機期間なしでお金をもらえた上に、職業訓練を受けると加算される受講手当や交通費も出たので本当に幸いでした。
posted by もっきり夫人 at 16:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一切は燃えている | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

平清盛 第八回〜第十二回

第八回:高級官僚VS脱法フロント企業
第九回:「この家(王家)はうそつきの集まりよ」
第十回:リア充爆発
第十一回:諸行無常
第十二回:プロポーズ大作戦



ネタバレしない程度にまとめるとこんな感じです。
各回の見せ場はそれなりにあるので部分部分だけ見れば面白い(特に第九回の出産祝いシーン)のですが、第十回が超展開、第十一回と第十二回が展開速すぎのため話が消化不良っぽい。
posted by もっきり夫人 at 09:53| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャーいろいろ(三次元) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする